近年多くの商業施設で導入されているAED|使用するメリットを紹介

ウーマン

サービス体制が重要

メンズ

AEDを提供する業者選定のポイントはサービス体制です。万が一の際に利用する機器であるからこそ、常に安心して利用出来る体制にあると言うのが重要です。業者毎に24時間対応してくれたり、代替機を用意してくれたりとサービス内容が異なるので、しっかりと自身の施設にあったサービスをチェックをしていきましょう。

その準備一つで

女性

AEDは自動体外式除細動器のことをいい、急な心停止で倒れて人に使用する機械です。最近では準備されている施設等が増加してきており、使用方法も一般の人が使用しやすいように作られていますが、もしもの時に慌てなくて済むよう機械の使い方の講習を受けたり、設置場所を確認しておくことをお勧めします。

法改正後に市場が一変

スーツ姿の人達

民間でも導入拡大中

AEDとは自動体外式除細動器の事を指し、人命救助の現場で利用が行われています。これまでAEDは医療関係者しか用いる事が出来ませんでしたが、2004年から一般人が使用する事も解禁され、一気に注目を集める様になりました。心肺停止をした状態の患者は1分経過する毎に生存率が数パーセントずつ低下していきます。救急車が到着するまでの数分間の間に如何に蘇生措置を行うかで生存や予後の状態が変わって来るのです。その点、AEDが身近にあれば、救急車が到着するまでの間、誰でも蘇生措置を行う事が可能になり、多くの人命が守られる事になります。実際、2004年のAEDに関する法改正後、1000件を超える一般の方の使用実績が管轄省庁から発表されており、多くの方が使用を行い人命救助に繋げています。多くの成功事例を受けて、様々な場所でAEDの導入が行われる様になって来ており、日常生活における身近な場所でも目にする機会も増えて来ています。例えば、多くの人が利用する空港や駅などはほぼAEDが網羅されていますし、その他にもイベント会場や病院、役所などでも導入が進んでいます。加えて、CSR活動の一環や社員を守ると言う観点から公共施設だけで無く、民間の企業や施設でも導入をする企業が増えて来ているのです。導入する施設や企業が増える事でサービス面や価格面の競争が激しくなり、利用する側からすると、より利用がしやすい環境になって来ています。また、企業によっては、万が一のことが起こった時に慌てず対処できるようにと、AEDの使い方などをマスターする研修が行われています。社員の安全を守るためにも、しっかり、研修は受けるようにしましょう。

人命救助のマストアイテム

ハート

AEDは誰でも簡単に利用が出来る人命救助を行う為の医療器具です。近年、公共施設や民間企業など多くの場所で設置が行われる様になっています。ボタンは最小限で音声ガイダンスも付いているので初見の方でも安心して利用が行えます。