近年多くの商業施設で導入されているAED|使用するメリットを紹介

男性
  1. ホーム
  2. その準備一つで

その準備一つで

女性

助けられる命があります

あなたはAEDについてご存知でしょうか。AEDとは「Automated External Defibrillator」の頭文字を使った略称であり、「自動体外式除細動器」のことを指します。以前までは公共施設や病院、大きなスポーツ大会などに設置、用意されていることはありましたが、最近では多くの場所で見かけるようになり、「名前は知っている」という方も多いのではないでしょうか。このAED、簡単にいうとよくドラマなどに出てくる心肺停止した人に使う電気ショックの仲間の一つであり、一般の方が使いやすよう簡易で安全なように作られてはいます。しかしながら、緊急時の時、このAEDがあるか、そして一刻も早く使用できるかで一つの命が救われる可能性が大きく変わってくる機械でもあるのです。AEDは突然の心肺停止によって倒れた人に使います。このとき、使い方やパッドの貼り方は説明書が機械に付属されているためよく読みながら行います。また、AEDが音声で指示をしてくれるものもあるのでそれに従って行動しましょう。もしかすると、心停止だと思って使用したけど、実はそうではない人に使ってしまって、そうなった時とんでもないことになってしまうのではないかと思われる方もおられるかもしれません。そういったことも、パッドを貼り付け起動させた後、AEDが心電図を読み取り指示をくれるため心配はありません。大切なことは何かあった時にすぐに行動することです。人間は心停止後、1分毎に生存率が7から10パーセントずつ低下していきます。最近ではAEDの使い方を教えてもらえる講習会の増えてきています。もしもの時に慌てなくて済むよう、AEDの準備や使い方を学んでおくのはどうでしょうか。その準備と心がけが一人の人の大切な命を救うかもしれません。また、AEDを会社のビル内に設置している企業では、万が一に備えて定期的に研修を行っています。